前へ
次へ

税理士法は税理士の業務範囲を定めています

税理士法は税理士でなければできない業務を定めている他に、税理士としてできる業務の範囲も定めています。多くの税理士は税務申告や会計処理に加えて経営コンサルタントのような業務をしていますが、税理士法で定められている業務範囲を超える仕事は税理士とは別の立場で行わなくてはなりません。そのため、税理士、経営コンサルタント、損害保険募集人、生命保険募集人など、様々な立場で仕事をしています。もちろん、仕事を依頼する側にとっては税理士に他ならないのですが、税理士法の定めに従って立場を変えて仕事をしています。税理士法はその他の業務との兼業を基本的に妨げていませんので、このように広範囲の仕事に携わることができるのです。

top用置換

top用置換2
Page Top